妊娠12週目は、妊娠4ヶ月目にあたります。つわりの症状が緩和されることが多いです。食欲も増します。お腹のふくらみも分かるようになって来ます。内蔵や手足などの器官はほぼ完成して、機能も発達して来てます。羊水を飲み込んで排泄したりします。脳も急速に発達して、「快」「不快」などを感じる部分が出来始めます。妊娠12週目(4ヶ月)では安定期に入っていないので、気を付けないといけない時期です。妊娠12週目だと性別が分かり始めます。お腹がふくらむから腰痛にも悩まされます。妊婦さん専用の腰痛防止ベルトをします。骨盤を支えるとお腹も腰も安定します。つわりの時期に食欲がなかった分、この時期の食べ過ぎ、太り過ぎには注意が必要です。赤ちゃんも人間らしい姿でエコーに映ります。赤ちゃんの姿を目にしたら、早く会いたくなります。

妊娠12週目の母体の変化について

妊娠12週目は、4ヶ月になるため、ほとんどの人が妊娠に気づきます。少しだけお腹の膨らみが目立つようになる時期です。子宮の大きさは握りこぶし二つ分くらいなので、服を着ていれば他の人か気づかれることはほとんどありません。しかし、妊娠前に履いていたピタッとしたパンツなどは、少し窮屈に感じるため、お腹周りがゆったりしたパンツを履くようにしましょう。パンツをよく履く人は、マタニティ用のパンツを早めに用意をしておきましょう。まだ胎動を感じることはないですが、12週くらいから、つわりが少しづつ楽になる人も多いです。妊娠初期には、つわりでほとんど食事をとることができなかった人は、つわりが楽になって、食べ過ぎてしまう可能性もあります。つわりが治まって食べ過ぎてしまうと、体重が一気に増えてしまうので、気をつけるようにしましょう。

妊娠12週目の体の変化

妊娠12週目に入ると、つまりがおさまり始める人が増えてきます。妊娠初期の頃は、つわりがきつく、食事をしっかりとることができなかった人も、12週目くらいから、徐々に楽になっていきます。そのため、食欲も回復して、食べ過ぎてしまう危険もあるので、体重増加に気をつけなければいけません。妊娠初期の頃はお腹は目立たないですが、12週くらいになると、子宮の大きさが、にぎりこぶし二つ分くらいになるため、お腹がポッコリしてきます。他人からはわからない程度の膨らみですが、普段履いているパンツがきつく感じてしまいます。もし、きつく感じるようであれば、ウエストがゆったりしているものを履くようにしましょう。これから、どんどん大きくなっていくので、マタニティ服の購入を検討しましょう。膀胱が圧迫されるため、頻尿になる人も増えてきます。